【Haskell】OSX で Yesod を動かしてみる

| 0件のコメント

トポロジー―基礎と方法 (ちくま学芸文庫)を読んでいますが, わかりやすいので関数型言語を学びたい人にオススメです。

本書の合成写像の説明を少しだけ紹介します。

関数という概念は数には限らず, 集合に対しても定めることができ, これを写像または変換といいます。ここでは写像を, 写像: 定義域 -> 値域 のように書くことにします。

以下の2つの写像 f, g において,

f: X -> Y
g: Y -> Z

fの値域と gの定義域が一致する場合に2つの写像は合成可能 (composable)であるといいます。
Xの要素 x は fによってYの要素 f(x)に写され, f(x)は Yの要素であるから g によってZの要素g(f(x))に写されます。この流れによって, h: X -> Z ができ h は f と gの合成写像といいます。

例として, 整数を2倍する関数 f と, 1を引く関数 g があるとします。合成関数は整数を奇数に対応させる関数になります。
Haskellで書くと以下のような感じでしょうか。

f :: Int -> Int
f x = 2 * x

g :: Int -> Int
g x = x - 1

main = print $ (g . f) 7

Yesod

本題ですが, Haskell製のWAF (Web Application Framework), Yesodを動かしてみました。
環境はOSX 10.10.2, ghc, cabalはインストールされている状態です。

Yesodのインストールと起動

最新のpackage-listをダウンロードしてbuild-tools, yesodをインストールします。

$ wget https://www.stackage.org/lts/cabal.config
$ cabal update                      
$ cabal install alex happy yesod-bin
$ yesod version
yesod-bin version: 1.4.5.1

Projectを作成後, yesod develでDemoサーバが起動します。

$ mkdir yesod-example
$ cd yesod-example
$ yesod init --bare   
$ yesod devel

https://localhost:3000/ にアクセスすると, Welcome to Yesod! と表示されます。

yesod-demo

Yesodアプリのディレクトリ構成

構成は以下の感じ。

$ tree -L 2
.
├── Application.hs
├── Foundation.hs
├── Handler
│   ├── Common.hs
│   └── Home.hs
├── Import
│   └── NoFoundation.hs
├── Import.hs
├── Model.hs
├── Settings
│   └── StaticFiles.hs
├── Settings.hs
├── app
│   ├── DevelMain.hs
│   ├── devel.hs
│   └── main.hs
├── cabal.config
├── config
│   ├── client_session_key.aes
│   ├── favicon.ico
│   ├── keter.yml
│   ├── models
│   ├── robots.txt
│   ├── routes
│   ├── settings.yml
│   └── test-settings.yml
├── dist
│   ├── build
│   ├── devel-terminate
│   ├── package.conf.inplace
│   ├── setup
│   └── setup-config
├── static
│   ├── css
│   ├── fonts
│   └── tmp
├── templates
│   ├── default-layout-wrapper.hamlet
│   ├── default-layout.hamlet
│   ├── homepage.hamlet
│   ├── homepage.julius
│   └── homepage.lucius
├── test
│   ├── Handler
│   ├── Spec.hs
│   └── TestImport.hs
├── yesod-devel
│   ├── arargs.txt
│   ├── devel-terminate
│   └── ghcargs.txt
└── yesod-example.cabal

ざっくりとSettings.hsがアプリの基本設定, app/main.hsのエントリから入ってApplication.hsでアプリのインスタンスを生成しているみたいです。
Model.hsがモデル, Handlerがコントローラを担当, config/以下はCookie情報, DB設定ファイルなど。
static以下に静的ファイル, templates以下にHTMLテンプレートを配置します。

[1] 【Mac OS X 10.10】Haskell + Yesod + Heroku で webアプリ 1/3